鍵穴を自分で分解修理しようとして失敗

全て自分で何かを行ってみるという挑戦はとても大切なことだと思います。しかし、挑戦をしてみてもその結果が成功するかどうかは別の話であり、自分が専門分野でないものに手を出して自分の力だけで取り組もうとしてしまうと、その大半のケースで失敗してしまうことが考えられるでしょう。これは私の経験からも言えることです。そう、ちょっと前に私も鍵穴を自分で分解修理しようとして失敗したという苦い経験をしたことがありました。

毎日普通に使えていた鍵も、知らぬ間にゴミなどが詰まり、急にそれが使えなくなってしまうことがあります。私が修理をしようとした鍵もまたそれと同じように、急に鍵穴が詰まって鍵が挿入できなくなってしまいました。鍵穴に鍵が挿入できないとなると、鍵が回らずに施錠や解錠ができないということになりますので、家から出られなかったり入ることができなかったりするトラブルに発展します。この状況を自分の力で打開できるのではないかと無謀なことを考えてしまった私は、その鍵を自分の力だけで分解して修理をしようと思ってしまいました。これが大きな過ちだったと言えるでしょう。

分解している最中は、鍵の元の構造を覚えておこうと注意深く行っていたのですが、やはり人間の記憶力には限界がありますしそもそも鍵など分解したことが無かったため、当然のことながら鍵の構造を忘れてしまいました。さらに鍵の構造を忘れてしまっただけではなく、そもそもどの部分にトラブルが起こっているのかということ自体が分からないこともあり、結果的に私が鍵を分解しても一切メリットがなく、むしろ鍵を分解して戻す方法がわからなくなったというデメリットしか残りませんでした。

鍵を自分で分解して修理しようという意気込みはよかったのかもしれませんが、素人が行おうとすれば確実に失敗します。そのため、他の方は私と同じような過ちを犯さないように鍵の修理をして欲しいと思います。